NO IMAGE

<カップル>

ラーメン店を営んでいますと、いろいろなカップルがやってきます。僕のお店の場合はカウンター席だけではなく、テーブル席も4つありましたのでそうしたことも関係していると思います。カップルはテーブル席に座るのはほとんどだったからです。

NO IMAGE

<暴力父親>

最近は子どもに対する虐待がニュースになることが多いですが、昔から暴力を振るう父親というのは存在していました。僕のラーメン店時代ですが、印象に残っている人が二人います。 一人は、年齢は30代半ばで身長175センチくらい体重70キロ、髪は短く面長の男性でした。ガテン系の仕事をしているようで作業着で一人でラーメンを食べに来ていました。そのときは別段変わった雰囲気もせず、話しかけてくるわけでもなく、漫画を読んだりしながらお会計を済ませ、帰って行く人でした。

NO IMAGE

<コロッケ店時代の配送の人>

僕のような小さな店舗を構えている人は、取引をする問屋さんは大手では気が引けます。ですから、自ずと小さな問屋さんと取引をすることになりますが、小さな問屋さんの一般的な傾向として、福利厚生など労働環境が整っていないという問題点があります。ですから、配送業務を担当している人も大手で働いている人よりも大変な思いをしていることになります。

NO IMAGE

<クリーニングチェーンの副社長>

先月、クリーニングチェーンの営業部長のお話を書きましたが、実は当時ほかのクリーニングチェーンも調べていました。今回紹介します方は、タイトルにもありますとおり「副社長」という幹部中の幹部の役職に就いている方です。

NO IMAGE

<配送の仕事の人>

このときに扱っていたのはショートケーキです。大手コーヒーチェーンのケーキを店舗に配達する仕事です。フリーペーパーで見つけたのですが、午前4時頃にスタートして終了するのは午前11時頃です。正味6時間くらいで8千円でしたので割と効率的な仕事だったように記憶しています。