NO IMAGE

<イケさん>

会社というところは、ヒエラルキーが存在するところですが、ヒエラルキーがあるがゆえに自分よりも下の位置にいる人間を作りたがる傾向があります。

NO IMAGE

<真実のタイミング>

当時、僕はお店の構造的な作りに使いづらさを感じていました。それは換気扇の力が強すぎてドアが開きにくくなっていることです。実は、開店当初はそのような問題は起きていませんでした。換気扇の力がそれほど強くなかったからです。ですが、換気扇の力が弱いがために「店内の冷房が負けてしまい、冷房が効かない」という問題に直面しました。

NO IMAGE

<信頼できる販売員さん>

僕がスマホを購入するお店は決まっています。車で15分ほどにあるノジマのお店です。そこに決めているのは信頼できる販売員さんがいるからです。スマホ売り場に行きますと、販売店とは異なるネームが入ったジャンパーを着た派遣の人がいますが、派遣の方々は中立的な立場で契約を勧めないような先入観があります。

NO IMAGE

<皮膚科の先生2>

背中の斑点以降、皮膚でなにかしらの疾患が生じたときは、この診療所に行くことにしたのですが、僕はときたま頭部に白いカサブタができることがありました。この症状が最初に出たのは20年くらい前ですが、そのときは駅近くの皮膚科で処方してもらった薬を塗りますとすぐに治りました。 50代半ばの感じのよい先生で、

NO IMAGE

<皮膚科の先生>

そのときは絆創膏を貼って収まったと思っていたのですが、1週間2週間経ちますと、今度はそこから肉が飛び出てくるような感じになってしまいました。その肉の出っ張り具合が見ていて気持ち悪いくらいでしたので、皮膚科に行くことにしました。